象頭の少年

d0153031_15435716.jpg

いっぱいトイレがある所で人を探していた。
名前が分からなくて、自分の昔のアダ名を呼んでいたら、奥から小さい子が
スッと出てきて、並んで歩き出した。
見ると、象のお面をかぶっている。
その子は、難しそうな宇宙船の券売機を操作して、
「今度から一緒に行けるから、券を2枚買ったよ」と言って嬉しそうにしていた。
その旅は一瞬のようでもあり、遠く離れた惑星に行くような途方もない感じでも
あった。

夢から覚めて、今自分は宇宙船に乗っているんだろうか・・・?
と不思議に思うのです
[PR]
by ayaranet | 2009-12-10 15:42
ひそかに39歳になりました。 >>